ブログ

2018.11.05更新

先日のある休診日、突然思い立って山梨県の南都留郡へ。1000円札の裏に描かれている富士山を、同じ場所から見てみたいと思ったからです。場所は本栖湖の湖畔からすぐ という訳にはいかず、駐車場の脇から舗装されていない&道とは認識しづらい&幅は大人一人が通れるくらいの登山道を登っていきます。かなりの急斜面で登り始めて5分で脚には乳酸が溜まり心拍数も相当なものになりましたが、なんとか30分以上かけて目的地の中ノ倉峠展望地に到着です。すでに西日となり湖の全面に陽が差していない状態でしたが、なかなかの絶景です。

MBLOG18-11-5-1

下山途中で名残惜しくもう1枚。

MBLOG18-11-5-5

さて、せっかく来たので星撮りもして帰ることに。この季節、オリオン座と冬の天の川が昇ってくるのは22時以降なのでかなり待つことになりますが、それまでは別の星でも撮って時間を潰そうかと思います。

MBLOG18-11-5-2

と思ったら空一面の雲。4時間後には雲が無くなることを祈って待ちます。同好のオジ様たちが5人くらい来ていて、待つ間も星談義・機材談義・穴場スポット談義に花が咲き、退屈ではなかったのですが1人また1人と諦めて帰って行ってしまいます。そしてオリオン座が昇ってくる時間になりましたが、中ノ倉峠展望地から見えたのを最後に、ずっと富士山は顔を出さないまま。ついに最後まで残っていたオジ様も諦めて帰ってしまいました。孤独に耐えながらさらに待つこと1時間、少し雲はありますが出ました(^^)

MBLOG18-11-5-3

もう1〜2時間待てば、オリオン座も冬の天の川も垂直に近くなり綺麗に見える(通過する大気の層が少なくなるため星は空の高い所にある方がハッキリ綺麗に見えます)はずですが、さすがに疲れましたし、何よりも極めて寒いので帰ることにします(そういえば、夕飯も食べていない)。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2018.11.01更新

日本矯正歯科学会は歯科矯正学・矯正歯科臨床の進歩・発展を目的にし1926年に設立された対外的にも日本を代表とする学会です。日本各地の矯正歯科医を中心に、7,000名程の会員により構成されております。毎年秋には日本各地に存在するいずれかの歯科大学の矯正歯科学教室が主幹となって学術大会が開催されます。2016年徳島、2017年札幌に引き続き今年は横浜で開催です。

nikyoumita.jpg

いつも分厚く重い抄録を持参するのですが、今年からプログラムも抄録もスマホで見れるようになって便利になりました。

MBLOG18-11-1-1

事前登録を忘れてしまい当日受付へ。現金払いとカード払いが選択できたのでカード払いに並ぶも長蛇の列はなかなか進まず、さらにあと数人というところでレシートの紙が無くなってしまったとのことで現金払いに列び直さないといけないという事態。

MBLOG18-11-1-3

この辺は改善が必要ですね(事前登録しておけば良かっただけの話ですが(;^_^A)

歯科の学会としては日本最大規模なので商社展示会場もすごく広いのですが、iPhoneではもちろん入りきりません。

MBLOG18-11-1-4

最近は各商社ブースでミニセミナーなども開催しており気軽に拝聴できて助かっております。

気づけば最後の講演。実は、最後の講演まで拝聴するのは久しぶりです。

MBLOG18-11-1-5

どうしても地方で開催される場合は帰りの飛行機の関係などで最後まで会場に居れない場合も多いです。

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

今回は3〜40分で家まで帰れるので最後まで拝聴することができましたし、その後にでも趣味の撮影に1時間以上かけることができました(^^)

MBLOG18-11-1-8

1時間以上かけて撮ったけれど、北極星方向は明るい星が少なく都会の夜景と一緒に撮るのは厳しいですね。

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

ご相談・お問い合わせ
歯並びのことでお悩みでしたら、三田矯正歯科医院まで
  • 045-810-1353bottom_img01_sp.png