ブログ

2018.06.20更新

現在の歯科大学の教育過程がどうなっているのかは知りませんが、私が最初に歯科矯正学に触れたのは歯科大学4年生のときでした。その時の実習担当が信先生で、その見事に貫禄のある風貌と、天才的なワイヤーベンディングテクニックに憧れて、卒業と同時に大学の矯正歯科学講座の門を叩きました。そして、私たちが入局した時の新人教育担当もまた信先生でした。とにかく豪快な方で、焼肉屋に行けば届いた皿の全ての肉を一度に鉄板にぶちまけ、一度に5〜6枚の肉を口に放り込みます。タバコも「マイルドなタバコを吸うくらいなら禁煙すりゃいい」と豪語して、ニコチンが最も含まれている銘柄を選んで吸っています。かと思えばサックスの腕前はプロ級で私たち(院長と副院長)の結婚披露宴でも感動的な演奏をして頂きました。

最近では生理的な歯の移動に適した弱い力を持続的に発揮できることで脚光を浴びているゴムメタルの開発に携わり、一躍時の人となりました。

そのゴムメタルの件で、日本矯正歯科学会のブースセミナーでも大活躍です。2013年の日本矯正歯科学会松本大会でのこと、宿泊していた温泉宿で朝風呂に入ると偶然にも信先生も入浴されていました。私が「やっぱり温泉に来たら朝風呂ですよね〜」と言えば信先生は「まずいんだよ、ブースセミナーでレクチャーすることになっているんだけれど遅刻しそうなんだよ」

「は?じゃ、なんで朝風呂なんて入っているんだよ!」とは思っても言えないけど、こんなところが本当に信先生らしいところなのです。なんでも丁度良い時間のバスが無いとのことで、たまたま車で来ていた私が急遽会場まで送っていくことに。会場に着いた途端、「サンキュー間に合ったぜ、じゃ〜なアバヨ!」と言って走り去ります。信先生の別れの挨拶はいつだって「アバヨ!」なのですが、これが最後に聞いた「アバヨ!」となりました。

今日は信先生を偲ぶ会でした。

MBLOG18-6-20-2

信先生に直接学んだ私たちの代だけでなく、その前後に入局した先生方やF教授までも参加して頂き、信先生の生前の楽しすぎるエピソードに皆で大爆笑でした。きっと空の上から信先生も一緒に爆笑していたと思います。そういう人です。ご冥福をお祈りします。

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

ご相談・お問い合わせ
歯並びのことでお悩みでしたら、三田矯正歯科医院まで
  • 045-810-1353bottom_img01_sp.png