ブログ

2017.09.14更新

矯正歯科治療において歯型採りは切り離せないものです。ただこの歯型採りですが、アルジネートやシリコンなどのゴムのような弾性印象材を患者さんのお口に押し込んで歯型を取るので、苦痛を伴う場合も少なくありません。

歯科大学時代の歯型採り実習では、実習ペア同士でお互いの歯型を採り合ったりしたのですが、技術が未熟であったため印象材を適切な粘度で作ることができずにお互いの喉の奥まで印象材を流し込む結果となり、殴り合いにはならずとも、友情にヒビが入るということは、『歯科大実習あるある』なのです。

 話が若干それましたが、iTero Elmentは患者さんのお口の中を3Dスキャンデータで取り込むことが出来る高性能な高額光学スキャナーなのです。従来の歯型取りに比べると粘土様材料を使用しないため快適です。また、従来の印象材では硬化時に必ず収縮が起こり、多かれ少なかれ変形が起こり精度が落ちる訳ですが、iTero Elmentの場合にはデジタルデータのために変形しません。

早速、スタッフ同士で使用法の確認をしております。

MBLOG2017-9-14-2

当院では当面の間は特に精密な歯型採得が必要となるカスタムメイド型マウスピース矯正(インビザライン・薬機法対象外)での使用を行っていきます。いずれは、全ての歯型採得をiTero Elmentで行うことが出来るように、システムを整備して行きたいと思っています。

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

ご相談・お問い合わせ
歯並びのことでお悩みでしたら、三田矯正歯科医院まで
  • 045-810-1353bottom_img01_sp.png