成人矯正で大人も歯並び治療

  • ホーム > 
  • 成人矯正で大人も歯並び治療

あなたは笑顔に自信がありますか?

あなたは笑顔に自信がありますか?

美しい口元と歯並びは魅力的な笑顔を生み出します。歯並びが乱れていて不自然だと、周囲に悪印象を与えるケースも考えられます。子どものうちに歯並びを治せなかった方も諦めないでください。

横浜市泉区弥生台の歯科医院「三田矯正歯科医院」では成人矯正にも力を入れています。当院の院長トリートメントコーディネーター矯正治療経験者なので、患者さんの不安な気持ちに共感できます。こちらのページでは、成人の方を対象とした治療についてご紹介します。

矯正治療は何歳でもできます

矯正治療は何歳でもできます

「大人になったら歯並びは治せない」と思っていませんか? 実は、矯正治療は子どもだけのものではありません。歯や口腔内が健康であればいくつになっても治療できます。美しい歯並びや正しい咬み合わせは、何歳からでも手に入れることができるのです。

大人になって矯正をするメリット

お口の病気を予防 運動機能が向上
歯磨きしやすい歯並びになり、虫歯や歯周病など、歯を失うリスクが高い病気を予防できます。 スポーツをする時や重いものを運ぶ時、人は無意識に歯を食いしばります。この時、正しい咬み合わせになることで力が十分に発揮できるのです。
消化・吸収能力の向上 コンプレックスがなくなる
しっかり咬むことができるようになり、食べ物の消化吸収も向上。胃腸への負担も軽減されます。 笑う時に口元を隠さなくなります。人前で笑顔になれるだけでなく、発音が改善されることもあり、会話にも自信が持てます。

歯並びチェックをしましょう

不正咬合と言っても、人によって症状は異なります。さまざまな症例があるため、ご自身の歯並びと照らし合わせ、気になるようであれば当院までお早めにご相談ください。

上顎前突 下顎前突 空隙歯列
上顎前突 下顎前突 空隙歯列
上の歯列が前、もしくは下の歯列が引っ込んでいる状態です。いわゆる「出っ歯」のことです。 咬み合わせた時に下の前歯が出てしまう状態です。いわゆる「受け口」と呼ばれるものです。 歯と歯の間に隙間ができている状態です。いわゆる「すきっ歯」というものです。
叢生(そうせい) 開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
叢生(そうせい) 開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
歯並びが凸凹になっている状態です。すべての歯があごの中に収まっていません。「乱ぐい歯」と呼ばれるものですが、「八重歯」もこれに含まれます。 奥歯を咬み合わると上下の前歯に隙間ができてしまう状態です。 咬み合わせると上の歯列が下の歯列を覆ってしまう状態です。

治療例紹介

不正咬合を治療した歯がどのような状態になるか、関心がある方もいるでしょう。ここからは、当院での治療例を写真とともにご紹介します。

叢生(凸凹)抜歯症例
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
叢生(凸凹)非抜歯症例
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
開咬を伴う叢生(凸凹)
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
上顎前突(出っ歯)
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
上下顎前突(両顎前突)
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

成人矯正の流れはこちら