小児矯正で健やかな成長を

  • ホーム > 
  • 小児矯正で健やかな成長を

歯並びは全身の健康や精神面にも影響を与えます

歯並びは全身の健康や精神面にも影響を与えます

歯並びは遺伝に左右されるものだとお考えの方もいるかと思います。しかし、乳歯の時に虫歯が多い、成長期にレトルト食品やジャンクフードばかりを食べるなど、生活環境に影響されているケースも少なくありません。

欧米では大半の親御様がお子様に矯正歯科治療を受けさせています。横浜市泉区弥生台の歯科医院「三田矯正歯科医院」でもきれいな歯並びが社会的に大切なものになるだろうと考えており、小児矯正に積極的に取り組んでいます。

矯正治療を始めるタイミング

矯正治療を始めるタイミング

これまで矯正治療は、永久歯が生えそろってから行うものだというイメージがありました。しかし、現在では永久歯と乳歯が混在する小学生のうちから治療をすべきという考え方が一般的です。早期治療によって患者さんの負担が軽くなり、抜歯をせずに治療できる可能性が高くなります。

1期治療

口腔内に乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。あごの骨の発育をコントロールしながら治療できるため、抜歯をしなくても済む可能性が高くなります。2期治療で歯並びを整えるケースが多いです。

2期治療

永久歯が生えそろってから行う治療です。事前に1期治療をしている場合、2期治療の負担が減ります。

子どものころに矯正をするメリット

子どものうちから矯正を行うことで、さまざまなメリットを得ることができます。そのため、当院では早めの治療をおすすめします。

早めの治療を行うメリット
  • 成長をコントロールした治療ができる
  • 歯を動かしやすい
  • 正しい機能や形態の発育ができる
  • 矯正装置の装着が短期間で済む
  • 虫歯や歯周病予防になる

治療例紹介

反対咬合の早期治療例(Y君のケース)

【治療開始年齢:7歳4ヶ月】【治療期間 :1年2ヶ月】

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

レントゲン分析の結果、Y君は上あごの骨が後方にある骨格性の反対咬合でした。他にも上下の歯列の横幅が合わず、下あごが左側に傾いていたのです。主な治療の内容は、上下の歯列拡大と上顎骨の成長を促すというもの。前歯には装置をつけなかったことから早期治療となりましたが、類似のケースではすべての歯が永久歯に変わってから仕上げに本格治療をすることもあります。

反対咬合の早期治療例(I君のケース)

【治療開始年齢:6歳4ヶ月】【治療期間 :1年3ヶ月】

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

レントゲン分析の結果、I君は下あごの骨が成長しすぎている反対咬合でした。下顎骨が前方回転という症状を起こしていたため、下方に向くような治療を実施。このようなケースでは早期治療である程度対応できますが、下顎骨の成長に応じた観察が必要であることは否めません。

上顎前突(出っ歯)の早期治療例(T君のケース)

【治療開始年齢:10歳2ヶ月】【治療期間 :1年10ヶ月】

  • 治療前
    治療前
  • 治療中
    治療中
  • 治療後
    治療後

レントゲン分析の結果、T君は下あごが未熟な状態であることが判明しました。そこで、下あごの成長を促進させる「バイオネーター」を夜間のみ装着。下あごが前進したため、上下の歯のずれが抑えられました。成長期に行わなければ抜歯が必要なケースです。ただし、これだけでは咬み合わせの治療が正確にできないため、本格矯正歯科治療が必要になります。

正中離開(O君のケース)

【治療開始年齢:7歳2ヶ月】【治療期間 :10ヶ月】

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

O君は正中離開(すきっ歯)が気になってご来院した患者さんです。症状を見る限り、治療は1、2年後でも問題なかったため、上あごの歯が左右ともに完全に生えてからでも遅くないと診断しました。しかし、保護者の方から「すきっ歯が原因で学校でも消極的な態度を取っているらしい」というお話を伺いました。歯並びが心理的な悪影響を及ぼすため、早期の治療が必要になったケースです。

正中離開(O君のケース)

上あごのレントゲンを見ると、余計な歯が埋まっていました。これが原因で、前歯がすきっ歯になっていたのです。このような場合、まずは過剰歯を抜歯しなければなりません。小さい子どもには負担が強いため見送りを検討しましたが、本人の希望をもとに早期の治療開始を決定。口腔外科の先生と相談して、抜歯と矯正歯科治療を行いました。

叢生(凸凹)の早期治療例(Yちゃんのケース)

歯の叢生(凸凹)は抜歯が必要なケースも少なくありません。しかし、早期に治療できれば歯を残したまま治療できることもあります。

治療前 【治療開始年齢:9歳8ヶ月】

治療前 【治療開始年齢:9歳8ヶ月】

上顎は前歯4本が大人の歯です。下顎は一番奥の歯の2本と、前歯4本が大人の歯です。それ以外は乳歯(子どもの歯です。)

矢印

早期治療終了時【早期治療期間:1年6ヶ月】

早期治療終了時【早期治療期間:1年6ヶ月】

Yちゃんは9歳の時にご来院した患者さんです。上の写真のように永久歯は上下で4本ずつでしたが、すでに凹凸が目立っていました。今後、成長するにつれてさらに症状が悪化することは容易に予想できました。幸いなことに早い時期だったため、上下歯列の拡大と、それに伴ってできる隙間を利用して上下の前歯を4本ずつ整列し、早期治療が終了。しかし、その後も永久歯が生えてくる中で今度は八重歯になってしまいました。

早期治療終了から2年4ヶ月後
本格治療開始年齢:13歳6ヶ月

早期治療終了から2年4ヶ月後本格治療開始年齢:13歳6ヶ月

矢印

しかし、早期治療が無駄だったかといえば、そういうことではありません。早期治療で作った隙間があることで、抜歯をせずに八重歯の位置を整列させることができたのです。

本格治療終了時
本格治療期間:1年2ヶ月 治療終了年齢:14歳8ヶ月

本格治療終了時本格治療期間:1年2ヶ月 治療終了年齢:14歳8ヶ月

開咬の早期治療例(H君のケース)

【治療開始年齢:7歳2ヶ月】【治療期間 :10ヶ月】

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

H君は上下の歯の間に舌を挟み唾液を飲むという舌癖を持っていました。これが災いして、奥歯を咬み合わせた時に、前歯がずれてしまう開咬(かいこう)という状態になってしまったのです。早いうちであれば正しいクセは自然と定着します。また、上下の前歯も咬み合うようになります。大人になると骨の形が変形する可能性もあり、抜歯や外科治療が必要となるケースもあることから、早めに指導したほうがよいのです。

小児矯正の詳細な流れはこちら