お口の筋肉を鍛える

お口の筋肉を鍛える口腔筋機能療法(MFT)

お口の筋肉を鍛える口腔筋機能療法(MFT)

とくにお子さんの場合は、指しゃぶりや舌癖などが原因で不正咬合になってしまうケースがあります。あごの骨を土台として生えている歯の位置を保つためには、頬や唇、舌の筋肉の力が欠かせません。

横浜市泉区弥生台の歯科医院「三田矯正歯科医院」では、お口のバランスを整えるため、口腔筋機能療法(MFT)と呼ばれるトレーニングを行っています。矯正装置による治療だけでは歯の位置が後戻りしてしまうため、並行して筋肉を鍛える必要があるのです。こちらのページでは、歯並びが悪くなるクセを改善するためのトレーニング方法についてご紹介します。

お子様にこんなクセありませんか?

頬杖 指しゃぶり 爪・唇などを咬む
頬杖 指しゃぶり 爪・唇などを咬む
顎関節に頭の重さがかかり、あごの成長や歯並びの形成、顔全体の骨格に影響してしまいます。 無意識に裏側から上の前歯を押しているため、出っ歯になる恐れがあります。 爪や唇を咬み続けるクセが原因で、歯が動いてしまうケースがあります。
丸飲み 舌癖(ぜつへき) 口呼吸
丸飲み 舌癖(ぜつへき) 口呼吸
しっかりと咬んで食事をしないとあごが成長せず、奥歯が内側に傾いてしまいます。 舌で歯を押し出す、上下の歯の間に舌を入れるクセです。開咬の原因になります。 口が常に開いていると舌の位置が低くなり、咬み合わせや歯並びに悪影響を与えてしまいます。

クセを放置するリスク

クセを放置するリスク

「本人のクセだから」と舌癖頬杖などを放置すると、下記のようなお口のトラブルを招いてしまうことがあります。ただし、子どものうちから改善すれば歯やあごがしっかりと成長します。もしそういったクセを見つけた際は、改善するように教えてあげましょう。

歯並びが悪化する 口元・側貌が悪くなる
開咬や上顎前突、下顎前突・交叉咬合などの原因となります。 口元の突出や二重あご、猫背といった症状を招きます。
機能障害を起こす 精神的なストレスになる
食べ物が良く咬めない、飲み込みにくい、発音が悪くなるなどが考えられます。 見た目のコンプレックスや恥ずかしさから、消極的になってしまうことがあります。

姿勢も歯並びに影響します

姿勢も歯並びに影響します

歯並びや咬み合わせが悪い子どもには、姿勢が悪いという共通点があります。また、姿勢の改善は口腔内だけでなく、全身に好影響を与えるという研究結果が出ています。当院では矯正治療だけでなく、正しい姿勢を身に付けてもらうように指導をしています。

姿勢を悪くする例

姿勢を悪くする例

お口のクセや姿勢が気になる方は当院まで。 045-810-1353