三田矯正歯科ブログ

2019.12.31更新

ここ数年あまり利用することが無くなってしまったFacebookですが、『思い出』だけは日付が変わる瞬間に見ています。「あ〜、この時からもう4年経つのか〜」などと一人楽しみにしているのは、歳をとった証拠かも知れません。それで、年末年始の時期になると私のFacebookの思い出は、ほぼ沖縄。たまに沖縄でないときはHawaiiだったりすることが1回だけありますが、それ以外は全て沖縄です。そして本日令和元年の最終日は

 

MBLOG-19-12-31-1

医院に籠って、年明けに治療開始する方のコモンベース(コモンベースシステムの説明はこちら)を作成していました。最近は、透明マウスピース型矯正装置で治療する方の比率が当院でも増えましたが、やはり全ての患者さんに適応という訳にいけません。たまたま年明けにには透明マウスピース型矯正装置では困難な方の治療が重なり準備中です。その他にも、今年から引き受けた公務が忙しく、『急ぎではないけれど重要な』当院での事務仕事がだいぶ溜まってしまっていて、久しぶりにどこにも行かない年末年始満喫中です。

やっとひと段落したので、今年最後の夕日を見送ることに。歩いて、弥生台交差点を少し過ぎて左に曲がって、

MBLOG19-12-31-2

3月10日頃には丁度富士山頂に沈む夕日も、この時期はだいぶ左に沈んでいきます。同じように今年最後の夕日を見ようと多くの方が集まっていました。

MBLOG-19-12-31-3

なんだか、とても良い感じだったので撮らせて頂きました。サンセットビーチから水平線に沈む夕日でもなければ、伊江島に沈む夕日でもないけれど、近くに富士山が見える場所があるのは幸せなことです。来年も皆様にとって良い年になりますように。

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.11.29更新

本日11月29日、診療前に行列に並んでみました。

MBLOG-19-11-29

三田矯正歯科医院がある横浜市泉区は、横浜市18区の中でも南区・栄区と並んでスタバが無い区としても有名?でしたが、それも昨日までの話しです。レジ待ちの間に先にメニューを渡して頂きました。昭和生まれには、若干難解なカタカナが並んでいます。

MBLOG19-11-29-03

正式名称はスターバックスコーヒーTSUTAYA BOOKSTORE弥生台店のようで、当院から歩いてすぐです。街が活性化しそうで、とても嬉しいです。

MBLOG19-11-29-2

診療後にも覗いてみましたが、店内人に溢れ活気がありました。夜も明るくなりました。

MBLOG19-11-29-4

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.11.03更新

今日は文化の日ですが、医院で雑用。ふと気づくと、待合室に掲示してある日本成人矯正歯科学会の認定医証に違和感発見。

MBLOG19-11-3-1

自分では入れ替えたつもりだったのですが、期限切れのものを掲示しておりました。誰もそこまで見ていないとは思いますが、もしも気づいた方は「更新試験不合格?」の疑念を持たれたかも知れません。そんなことよりも、昨年末に更新試験を受けて確か5月末頃に届いてはずの新しい認定医証を探す作業で、本日行う予定であった雑用のための時間がどんどん無くなっていきます。

見つけました。

MBLOG19-11-3-2

毎日、嘘みたいに大量に届く郵便物の中で、必要なものと必要でないものを分け、後で見ようと思っていた束の中に紛れていました。入れ替え作業も終わり、これにて一件落着です。

MBLOG19-11-3-3

ここから余談です。この認定医証を私は取得以来永年にわたって掲示する必要を感じていなかったのですが、数年前から掲示するようにしました。下の日本矯正歯科学会認定医更新試験時の提出書類の中に今までの認定医証のコピーも含まれているのですが、何処にしまったかわからなくなってしまい探し出すのに大変な苦労をした経験があります。そのときに結局、掲示しておくのが一番「どこに行ったかわからない」事態を防げることに気づき、掲示することにしました。

こんな大事なものを紛失した経験があるため、取り外しが可能な矯正装置を紛失した患者さんに対して、あまり強く言えない私がいる訳です。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.09.05更新

本日、三田矯正歯科医院は休診の木曜日でしたが、公務で泉区合同庁舎でした。

MBLOG-19-9-5-1

昨年も参加させて頂いたのですが、泉区災害対策本部運営訓練に泉区歯科医師会災害対策担当として参加させて頂きました。まずは全体会議。私は医師会・薬剤師会・歯科医師会の座る後方の席から訓練内容を確認させて頂きました。

MBLOG19-9-5-2

その後は、医療調整班を想定したブースへ移動。避難所から実際に被災した方々で医療救護が必要な方の情報が無線で連絡が入る想定でシミュレーションを行いましたが、訓練とはいえ次々に入ってくる負傷者の情報に終始緊迫したムードでした。

MBLOG19-9-5-3

被災地では水や物品不足の問題から、口腔ケアが困難となります。阪神・淡路大地震では、口の中の汚れが唾液とともに肺に入ってしまうために高齢者や体の弱った方に「誤嚥性肺炎」が起こったと言われています。地域歯科医師会の一会員として、地域防災力の向上を支援できるよう頑張ります。

 

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.07.07更新

昨日は診療後に、いずみ中央テアトルフォンテで開催された歯科医療救護計画説明会に出席してきました。横浜市内のいずれかにおいて震度6弱以上を観測あるいは市から要請があった場合には、横浜市および泉区の震災対策指針、それに伴う横浜市と横浜市歯科医師会との協定のもと、泉区歯科医師会として活動を行います。例として患者を受け入れることができる歯科診療所の情報収集と行政への報告、二時的感染を少しでも予防する目的で、避難所などへ主に口腔ケア等の保健指導を行うために巡回診療班の編成、そして起こって欲しくはないことですが身元確認のため神奈川県警察協力歯科医師会への協力要請などがあります。その際、会員が混乱せずに災害時歯科医療救護活動を行えるようマニュアル作成にも1年以上の期間を要しましたが、私も微力ながら携わらせて頂きました。

MBLOG19-7-7

そして、7月1日から歯科医師会の執行役員が変わったこともあって、昨日会員向けに歯科医療救護計画説明会が開催されたのですが、講師はマニュアル作成などに関して多大な貢献をして下さった副会長I先生、私は今期から専務理事を努めさせて頂くことになった関係で司会進行。新執行部になってから最初の事業だったので、とても緊張しました。無事に今期最初の事業が終わり、関係者で近くのケンタッキーにてお疲れ様のアイスコーヒー。こんない美味しいアイスコーヒーは初めてでした。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.04.30更新

平成が終わります。平成元年に歯科医師国家試験に合格して歯科医師免許を頂いた私にとって、まさに平成という時代は私の歯科医師としての歴史そのものです。

MBLOG19-5-1-

そうです、本籍は栃木県です。そして第87〜89代総理大臣は、この頃は厚生大臣でしたね。ちなみに総理は宇野宗佑さん。平成元年6月3日〜8月10日、わずか69日の短命内閣でした。そしてこの69日の内閣総理大臣在籍期間は、54日・64日・65日に続く短命内閣第4位とのことです。そう考えると私の歯科医師寿命は本日の時点で11,000日近いです。なんだか、ちょっとだけ自分を褒めてあげたい気分です(比較対象がおかしいですけど)。

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.04.28更新

4月27日(土)は、平成最後の診療日でした。診療前のミーティングと朝の申し送りの為に昨晩から用意されている本日ご予約を頂いている患者さんのカルテをチェックしています。一番下にある方が、平成最後の患者さんになる予定でした。

MBLOG19-4-27-1

しかし、19時のご予約を間違えて17時にご来院。大雨の影響か?たまたまキャンセルもあったので早めに診てあげることに。「平成最後の患者さんを放棄することになるけれど良いの?」と私が聞けば、顔を手で覆い「しまった〜!」と診療台からズリ落ちるノリの良い患者さん。平成最後の診療もお陰様で楽しく過ぎていきました。

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

さて平成最後の患者さんに繰り上がった?方の診療も終わり、長期天気予報を見てみると関東近辺では平成の間に晴れているのは今夜だけのようです。急いで自宅に帰り機材を車に積んで安全運転で真鶴半島名勝三ツ石まで。この季節は丁度日付が変わる頃、蠍座が夏の天の川中心部を引き連れて昇ってきます。この日は昼過ぎまで続いた強い雨が大気中の浮遊物が地上に落ちて絶好のコンディション。ここ三ツ石には数年に1度は星撮りに来ていますが、肉眼で天の川が見えたのは初めてです。名勝三ツ石の左側に天の川中心部と一際大きく見える星は木星です。

MBLOG19-4-27-2

さらに1時間くらい待つと天の川が立ち上がってきて綺麗に見え始めます。到着時には見えなかった土星も左端に昇ってきています。

MBLOG19-4-27-3

 

本当は、平成から令和に変わる瞬間を挟んで星の軌跡を撮りたかったのですが、天気が悪そうだったので今回4月27日の23時26分から4月28日の0時32分までの軌跡を撮りました。

MBLOG19-4-27-4

でも、よくよく考えれば同じようなモノを平成から令和に変わる間に撮っていたとしても、どこまでが平成でどこからが令和か絶対にわからなかったと思います。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2018.08.07更新

横浜市泉区歯科医師会会報の『趣味人』のコーナーで院長の趣味を掲載して頂きました。

MBLOG18-8-7

写真は昨年9月に(日本初の星空保護区に指定された)石垣島久宇良で撮影した立ち上がる天の川と、波照間島で今年3月に撮影した横たわる天の川なのですが、紙質の問題か?特に波照間島の写真は黒く潰れてしまって何だかわからないですね。

ちなみに私の星に対する思いや、肉眼で見える恒星の中で最も遠い星はどれなのか?そしてその光が宇宙の片隅に存在する地球にまで届いていることがどれだけ奇跡的なことなのかに関する熱い想いを原稿用紙3枚くらいで書いたのですが、長すぎるということで思いの15%くらいしか伝えられませんでした(T_T)

 

 

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2018.06.20更新

現在の歯科大学の教育過程がどうなっているのかは知りませんが、私が最初に歯科矯正学に触れたのは歯科大学4年生のときでした。その時の実習担当が信先生で、その見事に貫禄のある風貌と、天才的なワイヤーベンディングテクニックに憧れて、卒業と同時に大学の矯正歯科学講座の門を叩きました。そして、私たちが入局した時の新人教育担当もまた信先生でした。とにかく豪快な方で、焼肉屋に行けば届いた皿の全ての肉を一度に鉄板にぶちまけ、一度に5〜6枚の肉を口に放り込みます。タバコも「マイルドなタバコを吸うくらいなら禁煙すりゃいい」と豪語して、ニコチンが最も含まれている銘柄を選んで吸っています。かと思えばサックスの腕前はプロ級で私たち(院長と副院長)の結婚披露宴でも感動的な演奏をして頂きました。

最近では生理的な歯の移動に適した弱い力を持続的に発揮できることで脚光を浴びているゴムメタルの開発に携わり、一躍時の人となりました。

そのゴムメタルの件で、日本矯正歯科学会のブースセミナーでも大活躍です。2013年の日本矯正歯科学会松本大会でのこと、宿泊していた温泉宿で朝風呂に入ると偶然にも信先生も入浴されていました。私が「やっぱり温泉に来たら朝風呂ですよね〜」と言えば信先生は「まずいんだよ、ブースセミナーでレクチャーすることになっているんだけれど遅刻しそうなんだよ」

「は?じゃ、なんで朝風呂なんて入っているんだよ!」とは思っても言えないけど、こんなところが本当に信先生らしいところなのです。なんでも丁度良い時間のバスが無いとのことで、たまたま車で来ていた私が急遽会場まで送っていくことに。会場に着いた途端、「サンキュー間に合ったぜ、じゃ〜なアバヨ!」と言って走り去ります。信先生の別れの挨拶はいつだって「アバヨ!」なのですが、これが最後に聞いた「アバヨ!」となりました。

今日は信先生を偲ぶ会でした。

MBLOG18-6-20-2

信先生に直接学んだ私たちの代だけでなく、その前後に入局した先生方やF教授までも参加して頂き、信先生の生前の楽しすぎるエピソードに皆で大爆笑でした。きっと空の上から信先生も一緒に爆笑していたと思います。そういう人です。ご冥福をお祈りします。

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2018.05.20更新

歯科大学学生時代の同級生が教授に就任したとのことで、同窓会も兼ねてザ・プリンス さくらタワー東京にて祝う会が開催されたので出席してきました。小・中・高の同窓会と違って皆同じ職種なので「再会したのはよいけれど話が合わない」とか言うことはないのですが、教授になる人、すでに引退して余生を楽しむ準備をしている人、長い大学病院勤務を終えて今から開業準備に入る人など、皆それぞれです。しかし、同窓会とは良いものですね。思い出話に花咲かせ、ずっと笑っていられます。

MBLOG18-5-20-1

開始が早かったので、普段はなるべく参加しない2次会にも参加しましたが、それが終わっても空はまだ少し明るい時間帯ですので、予定通り寄り道して帰ることにします。

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

会場が品川だったので田町まで行って、そこから徒歩およそ10分で以前から気になっていた場所へ。行ってみて判明したことは、ここは高い塀をよじ登らないと撮れない。1箇所だけ登りやすい場所があったけれど、カップルが占有していたので断念。慣れないスーツと革靴でカメラと三脚を背負ったまま身長と同じくらい高さがある塀をよじ登って撮れました。

MBLOG18-5-20-3

登るよりも降りるときが遥かに怖く、号泣寸前でした。登りやすい場所を占有していたカップルが、塀の上でジタバタしている私を冷笑していたのが忘れられません。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

前へ
ご相談・お問い合わせ
歯並びのことでお悩みでしたら、三田矯正歯科医院まで
  • 045-810-1353bottom_img01_sp.png