三田矯正歯科ブログ

2020.09.03更新

最近、こればっかりの感がありますが、本日も透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療に関するWEBセミナー:Invisalign Online Study Clubに出席しました。

MBLOG20-9-3-1

キーボードが余りにも汚いのでボカシました(^_^;)

本日は2つの講演がありましたが、どちらもコロナ禍におけるというのがポイントのセミナーでした。最初のセミナーは『withコロナ時代のonline診療』ということで、この辺りの発想力や感性、実行力は、若い先生ならではであり驚きの連続でした。

MBLOG20-9-3-2

なるほどなるほど、現在、所属している歯科医師のWEB会議では○○○○○を使用しているけれど、online診療では□□□□か、△△△△しか考えられない訳ですね。ありがとうございました。

次のセミナーは、The Feture World of Invisalignということで、

MBLOG20-9-3-3

スマートフォンアプリを用いたバーチャル・アポイントメントやバーチャル・ケアの話題で、全く来院しないで治療できるはずもありませんが、来院の回数を減らすことは可能かも知れません。だからと言って、安易に導入することは避け、慎重に検討する必要がありそうです。ただ間違いなく言えることは、何事もそこに止まることはなく、時代は流れて変化しているということです。なんだかワクワク楽しくさせて頂ける夢のある話しを拝聴できました。

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.08.17更新

本日は、今年限りの8月10日山の日でしたが、透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療に関するWEBセミナー:デジタル3Dデータを用いた、クリンチェック治療計画の作成および評価方法(応用編)に出席しました。

MBLOG20-8-10

講師の個人情報は隠しました。この後のセミナー自体は撮影禁止です。

透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療の成功の鍵は、患者さんサイドからは使用時間と正しい使用法。ドクター側からは症例選択と適切な治療計画(クリンチェック)の作成がメインになるかと思います。どちらかと言えば、歴史がそれほど長くないこの治療法では、治療計画作成のノウハウも日進月歩で、優秀な矯正歯科医同志の情報交換により、少しずつ良くなっているように思えます。10年ほど前までは、「プラスティックをはめているだけで治る訳無いだろう!」と殆どの矯正歯科を専門にしている歯科医師は見向きもしなかったこの治療法も、改良が重ねられ、治療可能な症例の範囲も急速に広まってきました。反面、矯正治療の知識や経験が乏しい歯科医師でも、歯型さえ採れば後はコンピュータが治療してくれると勘違いして手軽に開始してしまうという性質があり、残念な結果を多く生み出してしまっていることも事実です。最近、雨後の筍のごとく出現している○○○ラインなどの格安マウスピース矯正ビジネスなどは、、、それは機会があれば書くことにしましょう。

話がそれました。以前も書きましたが、透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療においては、他のどのマウスピース矯正にも見られない優秀な治療計画シミュレーションソフトがあります。しかしながら、今あるマウスピース矯正の中で最も優れていると思われるクリンチェックも、矯正歯科治療経験豊富な歯科医師が修正しないと、そのままでは使い物になりません。シミュレーションの中には非現実的な動きが含まれていることが多く、それを現実的なものに変えるため、何度も修正指示を出さなければいけませんし、それ以前にこのシミュレーションでは、頭蓋の中でどこに歯が存在しているのかまでは再現されません。つまり、歯列が顔貌の中で平均よりも前方に位置しているのか、後方に位置しているのか、右にズレているのか、左にズレているのか等の情報は含まれておりません。そのため矯正歯科医が従来通りの検査データに基づく診断を行い、矯正治療後のゴール設定を明確にして指示書を記載します。そうしなければ、前歯を前方に傾斜させてはいけない症例なのに前歯を前方傾斜させる計画が出来てきたり、(歯を支えている骨の厚みが足りないのに)歯列の拡大量が現実的でない計画が出来てきてしまいます。

今回のWEBセミナーではこのクリンチェック治療計画を、どれだけ実際の歯列と頭蓋の位置関係と一致させられるかについての有益な情報を得ることが出来ました。日々、進化していく治療法に、おいていかれないよう頑張らないといけません。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.08.06更新

3月には厳戒態勢で開催されたとは言え、集会型で開催された横浜市歯科医師会臨時代議員会でしたが、本日の定時代議委員会は新型コロナウィルスの影響でWEB開催となりましたので診療室から出席させて頂きました。

MBLOG20-8-6-01

 

そして、ほぼ同時刻から透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療に関するWEBセミナー:第2回Diamond Study Clubが開催されたのですが、こちらは開始時間になっても代議委員会が終わるはずもなく、副院長に参加して頂きました。

MBLOG20-8-6-2

WEBセミナーや代議員会は、多くの歯科医院が休診にしている木曜日に開催されることが多いのです。それでも、何も開催されない木曜日の方が割合的には多いのですが、開催される日は大抵バッティングしてしまいます。ななかな上手くは行かないものです。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.07.16更新

本日も、透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療に関するWEB形式のスタディークラブに参加しました。WEBセミナーが主流になってきたためか、やたらセミナーが増えていますし、何より会場まで出向かなくて済むので、『これはもう聞かなくても良いかな〜』と思うものにも取り敢えず参加登録してしまいます。

MBLOG20-7-16

会場参加型でも、大抵1時間前に到着してしまい時間を持て余すのですが、WEBセミナーになっても早く入り過ぎて時間を持て余すのは一緒です。

今回は、いわゆる上顎前突症例を透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置で治療する場合のトピックスでしたが、目から鱗の連続で、参加申し込みしておいて本当に良かったと思えるセミナーでした。特に、上顎大臼歯の遠心移動に関するモヤモヤした感覚が、とてもクリアになりました。透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置に関してよく言われているある考え方について「それ本当?」と疑問を持っていたのですが、私と同じような考えの意見を伺えて自信になりましたし、対応策も理解することができました。ご講演頂いた講師の先生にとても感謝です。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.07.09更新

毎年7月は東京矯正歯科学会が開催され、大抵は有楽町で開催されます。参加すれば、いつも誰かしら知り合いに会えますし、普段そんなに頻繁には行けない銀座でランチなんてことも可能な訳ですが、今年は当然の如く集会は無理ですのでWEB開催です。ちょっと残念ですが、状況を鑑みれば仕方ありません(余談ですが、この日の東京都は過去最高の224人が新型コロナウィルスに感染判明でした)。

MBLOG20-7-9-1

一般講演10題、特別講演1題だけでしたので、午前中には全ての講演を視聴できました。

ーーーーーーーーーーー

13時からは、これも事前に申し込みをしていたWEBセミナー:invisalign Master Course_Live Sessionに参加しました。

MBLOG20-7-9-2

透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療において、困難とされる症例に関する検討会でした。当院でも2013年にこの治療法を導入した頃には非抜歯法で治療可能な比較的easyなケースにのみ使用しておりましたが、最近では抜歯が必要な症例でも応用しています。但し下顎に関しては、前から5番目の歯を抜歯しないと治らない症例では、大きな第1大臼歯が手前側に倒れ込んでしまいやすく、当院では原則、従来のWIREを使用した矯正装置で行っています。今回、下顎5番目の歯を抜歯して治療する際に、透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療においても大きな第一大臼歯が手前側に倒れ込まない方法に関して、貴重なヒントを得ることが出来ました。導入するかは慎重に検討する必要はありますが、参加して良かったと思えるトピックスでした。

もう1点、矯正歯科治療で抜歯が必要な場合には、原則として上下左右で1本ずつ=計4本が一般的です。例外的に上だけ2本とか下だけ2本とかもありますが、(生まれつき歯の数が足りないとか、矯正以外の理由で既に1本抜いてある以外では)奇数の歯を抜歯するということは殆どありません。ただ、透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療の場合には、従来のWIREを用いた矯正歯科装置とは異なる歯の移動様式により、(歯数を合わせるために余計な抜歯を行うことなく)奇数の抜歯でも上手くいくことがあり得るかな?と感覚的に思って実践している場合がありました。ただ、教科書的ではないのでどうかな?と言う悩みもあったのですが、同様に考え治療されている症例を多く見せて頂き、自分の考えに自信を持つことが出来ました。その他、やはり透明マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の1つであるインビザライン治療では困難とされている過蓋咬合(咬み合わせが深い)の治療に関しても、目からウロコの手法を拝聴できて、有意義な1日となりました。

※矯正歯科治療における、抜歯・非抜歯に関しては、こちらもご覧ください。→【拙文 : 歯を抜く矯正 抜かない矯正】

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.07.02更新

本日は日本臨床矯正歯科医会神奈川支部主催の若手Dr.向けセミナーが開催され、私は55歳でまだまだ若いと思っていますので躊躇することなく参加しました。

MBLOG%2020-7-2

私くらいの年齢の先生が他にも参加しているか確認したかったのですが、録画配信方式だったので確認できませんでした。

講師の先生もとてもお若い先生だったのですが、以前その先生が講師をされていた講習会に参加したことがあり、その時にも綺麗な症例ばかりで驚いた記憶があります。今回もさらにバージョンアップされており、まだまだ私も頑張らないといけないと痛感しました。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.05.17更新

マウスピース型カスタム矯正歯科装置に関するセミナーが開催されたので参加しました。もちろん新型コロナウィルスの影響で集会型は無理ですのでZOOMを利用したWebinarです。

MBLOG20-5-17-01

余談ですが、歯科医師会の理事会はWebex、委員会ではSkype、矯正歯科医会神奈川支部の委員会ではWherebyと、かなり混乱しますね(^_^;)

どちらかと言えば、導入コース的な意味合いが強いセミナーでしたが、以前から講演を聞いてみたいと思っていた先生で、多くのヒント頂くことができました。なによりも、夢を抱かせて頂けるセミナーであり、もっともっと成長したいと思わせて頂けたことに、とても感謝です。

MBLOG20-5-17-2

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.02.20更新

本日は、ロイヤルパインズホテル浦和で開催された、日本臨床矯正歯科医会大会さいたま大会に副院長が出席してきました。

MBLOG20-2-20-1

なかなか興味深いプログラムだったのですが、

MBLOG20-2-20-2

今回、平成10年の入会後、院長は初めての欠席です。

同日に開催された、泉区医療機関のための防災研修会に参加してきました。御高明な横浜医療センター救急救命センター長、古谷良輔先生のお話は素晴らしく、参加出来て良かったです。

MBLOG20-2-20-3

災害というと地震を思い浮かべますが、最近は毎年のように台風や豪雨の被害に見舞われおり対策は必須です。そして、今般の新型コロナウィルスも災害のひとつであり、そちらの最新情報も拝聴できて有意義な時間でありました。

発災!さてまずどうする?災害時の医療救護活動は、被災現場と医療機関における活動に大別されますが、いずれの場合にも初動期の優先事項は『CSCA-TTT』に集約されるそうです。

C:Command and Control・・指揮命令系統

S:Safety・・・・・・・・・・安全

C:Communication・・・・・情報共有

A:Assessment・・・・・・・評価

T:Triage・・・・・・・・・・トリアージ

T:Treatment・・・・・・・・治療

T:Transport ・・・・・・・・搬送

出来なければCSCA、それも無理ならばCS。そして準備通りにいかないのが『災害』であり、各組織内で大切なことは

■覚悟を決める

■理念を共有する

■ビジョンを持つ

■傍観主義者や評論家にならない

■ひとのせいにしない

ことだそうです。どこかで聞いた覚えがある言葉ですね。そうです、青山学院大学陸上部の原晋直距離監督がチームを作る際に徹底していることです。災害に限らず、組織を作るうえで大切なことですね。

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.02.15更新

診療後、戸塚区総合庁舎で開催された戸塚・泉・栄区合同の歯科医師会学術研修会に出席してきました。テーマは『デジタル歯科臨床の最前線』ということで、最近では歯科臨床にデジタルを応用した講演はトレンドのようです。矯正歯科界でもデジタル化の波は凄い勢いで押し寄せてきており当院でも恩恵に預かっています。今回は矯正歯科とはあまり関係ないかも知れませんが、一般歯科ではどのような現状なのだろう?と興味が湧き、この3区合同学術研修会には20年ぶりくらいに出席しました。

Mblog20-2-15-1

結論から言えば、メチャクチャ面白かったです。矯正とは殆ど関係ない話ではありますが、遥か昔に歯科大学時代に習ったことは、デジタルを応用することでかなり違った常識に置き換わっているようです。何より、講師の先生のお話が分かりやすく面白い。どんなに有益な情報でも演者の話しが面白くないと台無しですが、最後まで全く眠くならずに済みました。スライドの写真撮影OKもありがたかったです。

MBLOG20-2-15-2

10年以上前ならもっとウケたと思いますが、最後まで飽きさせないお話で出席した甲斐がありました。

Yes We Scan!

当院でも、従来の粘土様の歯型採得から光学印象に急速に移行しているとはいえ、従来の粘土様歯型採得から完全には脱却できていません。講演して下さった先生の歯科医院では、100%光学印象とのことです。数年以内に、当院もそうありたいものです。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2020.01.13更新

新成人をお祝いするのに相応しい快晴です。

MBLOG20-1-13-1

朝からパシフィコヨコハマに来ているのは、本日第48回横浜デンタルショーの最終日であり、ちょっと聞いてみたいテーブルクリニックの講演があったからです。

MBLOG20-1-13-2

大盛況です。会場内は撮影禁止。

広い会場の一番奥まで進み、

MBLOG20-1-13-3

目的の会場に到着。

MBLOG20-1-13-4

これから分院を展開していく予定がある訳ではありません。私が開業した20年以上前とは、開業医を取り巻く環境は大きく異なります。そんななかで、若い先生たちが、どのような努力をしていかないと経営が成り立たないかを知っておくことは、とても重要で参考になりました。若い先生たちに負けないように、まだまだ頑張っていかなければなりません。

MBLOG20-1-13-5

最後のご講演は、泉区歯科医師会でも大変お世話になっているO先生。とにかく話が面白く、聞き惚れてしまいました。危うく、もう1件開業しようかな?などと無謀な夢を抱いてしまいそうになりました(そのような予定は一切ありません)。

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

前へ
ご相談・お問い合わせ
歯並びのことでお悩みでしたら、三田矯正歯科医院まで
  • 045-810-1353bottom_img01_sp.png