三田矯正歯科ブログ

2019.03.11更新

あれから8年経ちました。本日は、泉区役所で開催された泉区医療機関のための防災研修会に参加してきました。地震による大規模災害発生時における区役所等の役割や泉区の医療機関の防災対策に関する内容で、大きな地震が起きたとき、あなたはどう行動する?のテーマで泉区災害対策本部の動き医療救護隊についての講演、その他として、いつも泉区災害医療連絡会議実務部会で一緒に会議させて頂いている医師会の川﨑先生のご講演で、地震、災害でどこに行けばいいの?何をすればいいの?、消防署長よりクリニックの防災対策の講演がありました。区役所、医師会、消防署と、それぞれの立場で様々な考え・対策があることがわかって、とても興味深かったです。

MBLOG19-3-11

以前も書きましたが、私は泉区歯科医師会の災害担当として区役所の方々や、医師会および薬剤師会の災害担当の方々と休診日に会議を重ね、今回の研修会もその会議の中で企画を練って今回の開催に至りました。研修会には予想を上回り多くの方に参加して頂き有り難かったのですが、なによりも大きな地震が起こらないことを願います。

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.03.07更新

 本日は院長と副院長で矯正歯科医会神奈川支部の研修セミナーに参加しました。

MBLOG19-3-7

講師は、福岡県八女市でご開業の久保田先生で、実は私が大学病院矯正科時代に大変お世話になった先生でもあります。講演内容は『デジタルを応用した次世代矯正治療 ーバイオデジタル矯正ー 』でした。

歯科医療の現場では、デジタル技術の発展に伴い、歯の詰め物や被せ物などの製作過程に目まぐるしい変化が見られます。これまでの手作業からCADソフトウェアを活用した設計や切削加工などもデジタル化による効率化が進んでいます。矯正歯科界でも以前からコンピュータ分析による診断ソフトは存在して当院も開院時から使用していましたが、近年ではデジタルを活用して(ある程度術者の経験や勘に頼っていた)歯の正しい位置への装置の位置付けやワイヤーベンディングなども機械が行ってしまう時代になってきました。特に最近では、透明マウスピース型矯正歯科装置の1つであるインビザライン(薬機法対象外)などが良い例で、アナログ時代からは想像もできないような治療法であります。

MBLOG19-3-7-2

しかし、当然と言えば当然ですが、デジタル化すれば夢のように治ってしまう訳ではありません。要は、アナログであれデジタルであれ使い方の問題です。所詮、1つの道具でしかありません。『よ〜く考えてプランニングしなければ、デジタルを使用してもアナログよりもデジタルが優れているということにはならない』のです。そんなことを再認識させて頂いた有意義なセミナーでした。

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.02.21更新

 昨日と本日の2日間、第46回 日本臨床矯正歯科医会大会 神奈川大会がローズホテル横浜で開催されたので、当院スタッフ全員で出席してきました。

MBLOG19-2-21-1

メイン会場はローズホテル横浜

 

MBLOG19-2-21-2

スタッフプログラムはホテルモントレ横浜

 

こちらは学術展示と症例展示の部屋です。

MBLOG19-2-21-3

今回、私も症例を展示させて頂きました。

MBLOG19-2-21-4

さて今回のメインテーマは ー機能と形態の調和を求めてー でありました。MBLOG19-2-21-5

特に臨床セミナーでは『上下顎前突難症例の治療が歯の移動様相、側貌審美性ならびに上気道径に与える影響』のタイトルで清水典佳先生(日本大学歯学部歯科矯正学講座特任教授)のご講演、『小児の鼻づまりとその治療』のタイトルで黄川田徹先生(鼻のクリニック東京)のご講演、『上気道流体シミュレーションから見た小児期通気障害の顎咬合状態への影響』のタイトルで山﨑要一先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科小児歯科学分野教授)のご講演と続き、鼻づまりがどれほど発育期の小児に悪い影響を及ぼすか、矯正歯科治療で適切な機能と形態を調和させるには、舌や頬などの口腔周囲筋のバランスや呼吸の際の空気の通り道を確保することがどれだけ大切か興味深いものばかりでした。また、矯正歯科と耳鼻咽喉科との連携が急務であることを認識させて頂きました。

ーーーー

臨床セミナー以外にも興味深い講演が続き、有意義な2日間が終わりました。今回、参加するだけの矯正歯科医会大会ではなく、運営する側でもあったため、2年前から準備を開始し、打ち合わせ会議はメール会議も含めて数え切れないほどの回数を重ねました。それでも他支部の会員から「1年間の会費以上の価値がこの2日間にありました」と言って頂き、嬉しさが込み上げてきます。最後は大会長を中心に神奈川支部全員で記念撮影です。

MBLOG19-2-21-last

 

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

大会も終わり、マリンタワー展望台へ。横浜に長く住んでいますが、ここの展望台に上がるのは初めてです。混んでなければ三脚使用もOKとのことで、許可を得て1枚。

MBLOG19-2-21-6

反対側の首都高速神奈川3号狩場線。

MBLOG19-2-21-7

ちなみに展望台までのエレベーター、かなり揺れるので怖くて足が震えてしまいました。

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.02.19更新

本日は休診日とさせて頂き、矯正歯科医会神奈川支部のお仕事でした。明日から開催される矯正歯科医会大会に参加するために横浜に来て下さっている他支部の矯正歯科医の方々やスタッフの皆様、招待講演をして頂く海外矯正歯科医の皆様に対して、横浜案内をさせて頂きました。横浜は数年に1回は日本矯正歯科学会大会が開催され、しかも前回は昨年の10月末から11月にかけて開催されているので、みなとみらい周辺は見飽きているだろうと予想し、中華街〜元町〜昼食〜ブリキのおもちゃ博物館〜港の見える丘公園〜神奈川県歯科医師会会館にある「歯の博物館」でお勉強 というコースでした。

MBLOG19-2-19-2

私の担当は記録係でしたが、ありえない構図で撮ってしまった。。。

昼食時、貸切にしていたレストランにテレビ番組開運!なんでも鑑定団でもお馴染みの『ブリキのおもちゃ博物館館長』の北原照久氏が挨拶に来て下さり、一同大興奮でした。

MBLOG19-2-19-1

そして、その流れでブリキのおもちゃ博物館に。この博物館は館長の北原照久氏が、「古いものを活用して、多くの人たちに見て頂き、それを後世に継承していきたい」という想いのもと、1986年に開館され、玩具は館長が1973年頃から収集したコレクションの一部だそうです。そして来館者は年間10万人を超えるそうですが、横浜市民の私は今回はじめての入館でした。今回はなんと!館長自らの詳しい解説もあり参加者一同興味深く童心に帰って展示物を見ていました。

MBLOG19-2-19-3

最後は今回のExcursionの目玉、神奈川県歯科医師会館7Fにある「歯の博物館」です。日本における近代歯科医学は、開国後に来日した西洋人歯科医(米国人 W.C.イーストレーキ等)が外国人居留地で歯科を開業したのが始まりとされています。このことを強く意識した神奈川県歯科医師会の加藤増夫会長(当時)の発案により、昭和62(1987)年、神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会)の竣工と同時に歯の博物館がオープンしました。本会の会員でもある歯の博物館館長大野先生からの講義のあと、歯の博物館の展示を見学しました。

MBLOG19-2-19-04

展示物自体は撮影禁止でしたが、主な展示物としては、お歯黒、日本と外国の口腔清掃道具(楊枝・歯ブラシ・歯みがき)、日本の民間療法、歯の塚、日本と外国の入れ歯(木・金属・陶磁・象牙・ゴムなど)、江戸時代の歯科、日本と外国の治療器具、近代西洋歯科医学の伝来、明治・大正・昭和の診療ユニット、歯の衛生週間ポスター、歯みがきの看板、広告、頭蓋骨などです。(緑字は神奈川県歯科医師会H.P.より)

MBLOG19-2-19-5

ーーーーーーーーーーーー

矯正歯科治療は長期にわたる治療のため、治療期間中に転居などによる転医が必要になる可能性もあります。私たち日本臨床矯正歯科医会では転勤や引越しのために通院が困難になった患者さんに対してスムーズな転医ができるように転医システムがあります。しかし、実際には同じ会員であっても全く面識がない会員同士ではスムーズにはいかない場合もあります。今回のようなExcursionを通じて、他支部から参加して頂いた会員と交流も持つことはとても重要なことと思いますし、海外から講演に来て頂いた先生方をおもてなしすることで、気持ちよく講演して頂くこともまた大切なことと考えています。そのようなことから、私たち大会実行委員会ではこのExcursionにとても力を入れて準備してきました。当日は雨の予報だったのですが、朝から泣き出しそうな空も最後まで雨は降らずにもってくれて大成功に終わりました。無事参加者たちを宿泊のホテルまで送り届けてお役御免。その後はもちろん自分の時間です。

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

運良く雨が降ってきました。路面に光が反射して雨ならではの写真が撮れましたが、意外と交通量が少なく車の軌跡がイマイチでした。

MBLOG19-2-19-6

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.02.11更新

建国記念日の本日、日本臨床矯正歯科医会神奈川支部主催の市民セミナー『歯ならびと健康』が、川崎市中原市民館で開催されたので参加してきました。

MBLOG19-2-11-1

 

この市民セミナーは矯正歯科医会神奈川支部主催で2004年から毎年欠かさず開催されていますので、今年が12年目となります。毎年開催を続けることで会員の中でノウハウが蓄積され、多数の来場者が訪れるこのセミナーの運営に関しても毎年混乱することなくスムーズに進行しています。しかし今年は特に来場者が多くて驚きました。今回市民セミナーが開催された武蔵小杉は子育て世代に人気で、高層マンションが林立するほど人口増加が顕著で、お子様の未来のために矯正歯科治療を考えている世帯がとても多いようです。

MBLOG19-2-11-2

12年の中で4回構成は初めてです。1回ごとに75組×4で300組。平均的な矯正歯科専門開業医の1年間の初診数を超えています。

私は毎年相談コーナー担当なのですが、隙をみて講演会場も覗いてみました。

MBLOG19-2-11-3

講演内容はあくまでも矯正歯科治療の知識がない方に向けたものなのですが、講演者はいつも本会の超ベテランの先生が担当されるので、表現の仕方など参考になることがとても多いのです。

準備や全体打ち合わせの関係で午前中に集合、4回転のセミナーを開催した後は反省会、さすがに昨日もセミナーだったので疲労困憊。今日は寄り道せずに帰りました。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.02.10更新

本日は1月14日・15日に引き続き、目黒で開催されたMAO Aligner seminarに院長と副院長で出席してきました。

MBLOG19-2-10-1

いつ来ても、この会社のエントランスデザインはカッコいいなと思うのです。

 

MBLOG19-2-10-0

滅多に使用しないWindowsを持参して、スライドショーが動かず慌てまくることになるなんて、この写真を撮っている時には思いもしなかった。

そして今日は、参加ドクター全員がMAOの理論(臼歯を中心とした矯正診断と治療を透明マウスピース型矯正歯科装置に応用)に基づき自身で計画したクリンチェック(クリンチェックに関してはこちらを参照してください→『クリンチェックとは』)を発表するという緊張の1日でした。自分たちの順番が来るまで、参加者のクリンチェックを見ながら学ばせて頂きましたが、発表後に講師の先生方からアドバイスがあり勉強になりました。そしてアイウエア順なので、先に副院長が発表。

MBLOG19-2-10-2

次に左手の指の不自然な開き具合から緊張していることが推測される私。

MBLOG19-2-10-3

2人とも、慣れないWindowsでスライドが表示されないアクシデントはありましたが、発表自体は無難に終わって一安心でした。特に今回はテーマに沿って奥歯の位置付けに気をつけて計画を立てたのですが、ほぼ良好な計画と評価して頂き、尚且つ治療の進行に関する良いアドバイスも頂けたのでとても有意義でした。

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

せっかく東京に行ったのであれば、セミナー終了後にやるべきことは決まっています。

MBLOG19-2-10-La

西新宿、新都心歩道橋から。30秒露光した写真を7枚重ねています。

ここは以前から撮ってみたいと思っていた場所なのですが、さすが大都会の歩道橋です。そういえば、当院がある横浜市泉区に歩道橋ってあったかな?少なくとも最寄りの相鉄いずみの線弥生台駅近辺には存在しません。機会があれば調べてみます。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.01.20更新

本日は、横浜ローズホテルで開催された矯正歯科医会神奈川支部新年会に出席してきました。

MOOBLOG19-1-20

新年会と言うと酒を飲んで騒いでというイメージがあると思いますが、私たちの会は違います。まずは神奈川県歯科医師会学術大会での発表に向けて犬歯の萌出異常に関する講演の予演会です。

MBLOG19-1-20-2

その後にも、2月11日に開催予定の市民セミナー in かわさきに関する打ち合わせ、2月19日〜21日に開催される矯正歯科医会神奈川大会の打ち合わせを経て、やっと喉を潤せることになります。その前に、県歯科医師会副会長K先生に御臨席頂いたのでお言葉を賜りました。

MBLOG19-1-20-3

流石にお話が上手で、聞き惚れてしまいました。私は本会の専務を務めさせて頂いている関係で本日の司会進行役だったのですが、そもそも人前で話すことが苦手なうえに、常にカンペを見ながら下を向いて司会進行していたので、とても恥ずかしくなりました。でも、本日の司会進行をもって2年間務めたこの回の専務としての大きな仕事はほぼ終わりです。

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

散会後はようやく自分の時間です。新港パークで1時間10分程度星を回してみた、そんな54歳の誕生日でした。

MBLOG19-1-20-04

北極星がもう少しインターコンチの近くにあるものと予測して来たのですが、バランスが悪い構図でちょっと残念。

 

 

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.01.15更新

とてもカッコいいサインですね〜、さすが港区麻布台の一等地にある会員制社交クラブです。

MBLOG19-1-15-2

昨日と今日の2日間、Tokyo American Clubで開催されたMAO Aligner seminarに院長と副院長で出席してきました。

MBLOG19-1-15-1

MAOとはM(Moler Oriented)A(aligner)O(Orthodontics)のことで、元々はDr.セトリンやDr.グリーンフィールドによるMOOフィロソフィーをマウスピース型カスタム矯正歯科装置に応用しようというものです。そしてMOOフィロソフィーとはMoler Oriented Orthodonticsのことで、不正咬合の多くは奥歯が手前や内側に傾斜しており、そうした状態が前歯の凸凹や突出などに影響を及ぼします。そのためまずは、この傾斜した奥歯を立て直すことに重点をおく治療の考え方です。つまり、『臼歯を中心とした矯正診断と治療』ということになり、結果として抜歯を行うことが減らせるというものです。『非抜歯治療』ありきで、無理やり抜かずに並べる無謀な矯正歯科治療とは全く異なるものであることは言うまでもありません。

ーーーーー

午前中の講義も終わり昼食の時間。歯科医師になって30年、今まで数多くの講習会に参加してきましたが、講習会の昼食がコース料理とは初めてでした。1日目。

MBLOG19-1-15-3

MBLOG19-1-15-4

これに加えて炭水化物とコーヒー

2日目

MBLOG19-1-15-5

MBLOG19-1-15-6

これに加えて炭水化物とコーヒー

セミナーと全く関係ない写真ばかりですが、セミナー内容は簡単に明かす訳にはいかないのでご容赦くださいませ。因みにこのセミナーかなりの人気で、日程が決定すると数時間の間に満席になってしまいます。今回は運良く2回目の開催で参加することが出来ました。

1f4f7-s 1f4f7-s 1f4f7-s

さて、東京タワーの近くのホテルに宿泊をすれば、やるべきことは決まっています。1日目は懇親会もあったので懇親会に出席している間、バルコニーに三脚をたてて勝手にカメラに仕事をしてもらいました。

MBLOG19-1-15-7

その後は、赤羽橋交差点で。

MBLOG19-1-15-8

以前より東京タワーと北極星中心の星の軌跡を撮ってみたかったのですが、わかったことは思っている以上に東京タワーは明るいということです。あまり明るくない星まで写るように設定すれば、ゴーストだらけ。ゴーストが出ないように設定すれば星は写らず。どちらも2時間近く回しましたが、思ったよりも星が写らずガッカリです。でも、なかなか赤羽橋交差点での車の軌跡はカッコ良いですね。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2019.01.01更新

皆さま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

年末の、自分史上最も寒かった沖縄からは戻ってきており、自宅で正月を過ごしております。昨年、弥生台駅に和食屋の「蒼」さんがオープンしたので御節を予約しておきました。

MBLOG19-1-1

御節と言えば「よくもこんなに俺の嫌いなものだけ集めたものだ!」と言い放った父親の影響か?私もそれほど好きではないのですが、流石「蒼」さん御節です。とても美味しく頂きました。こんな美味しい御節料理が食べられるなら、毎月正月が来ても大丈夫です。今年も良い年になりそうです。

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

2018.12.29更新

仕事納めの翌日、機内から富士山が見えるとなんだか得した気分になります。

MBLOG18-12-29-1

その後、昼過ぎには那覇空港に到着するも、夜の9時過ぎまで1枚も写真を撮りませんでした。雨量は多くないですが、風が強く軽めの嵐です。そして、沖縄なのに異様に寒いです。もちろん、目的の星空は望めるはずもないのですが、せっかく来たので荒れた今帰仁の海を。

MBLOG18-12-29-2

ここは本当に真っ暗で、普通に撮っても何も写らないので170秒で撮っています。

翌朝、やはり小雨降る今帰仁。

MBLOG18-12-29-3

減光フィルター使用、25秒。

こんなときには、道の駅巡りをして美味しいものをつまんだり、北谷まで車を走らせ別に沖縄じゃなくてもよいことを楽しむ他はありません。しかし、宿泊している今帰仁から北谷までは高速を使っても片道90分〜2時間、往復で3〜4時間かけて雨の沖縄をドライブするのは気持ち良いものではありませんでしたが、2日間同じことを繰り返します。そして今帰仁〜北谷の往復2日目の帰り道、運転中ふと空を見上げると雲の切れ間から星が少しだけ見えていました。そして宿泊先に到着する頃には空の半分くらいは星が見えてきたので、急いで備瀬の海岸で待機すると、今回は絶対無理だと思っていたオリオン座と冬の天の川が現れてくれました。

MBLOG18-12-29-4

この後30分もしないうちに、空は全て雲に覆われてしまいました。計画していた場所ではなかったのですが、オリオン大星雲やスバルも写り良しとしましょう。

ーーー

翌朝、空港に向かう前に備瀬を散策。冬の沖縄は晴れればTシャツ1枚で過ごせますが、天気が悪いと羽織るものが必要です。しかし、ここまで防寒しないといけないことは、何度か来ている冬の沖縄で初めてのことでした(日本中が寒かったようですが)。

MBLOG18-12-29-5

「30秒間動かないでね」と言われ、納得した訳ではないが応じる我が家の女性陣。

それでも備瀬のフクギ並木には、南国の花ブーゲンビリアが咲き誇っていました。

MBLOG18-12-29-6

投稿者: 三田矯正歯科医院 三田浩明

前へ 前へ
ご相談・お問い合わせ
歯並びのことでお悩みでしたら、三田矯正歯科医院まで
  • 045-810-1353bottom_img01_sp.png